企業が社員の為に教育用映像を制作する意味とは

社員教育を徹底するためには、すべての従業員に対し、同質かつ同一の教育を施す必要があります。

自社の理念や方針にはじまり、服装や髪型といった詳細なルールにいたるまで、細やかな教育指導を行うのには、教育用映像を制作するのが効果的であり、最善の方法といえます。

なぜなら、映像というのは、それぞれが都合の良い時間と場所を選んで視聴することが可能だからです。すべての従業員を同一の場所、同一の時刻に集合させることができなくても、それぞれがそれぞれの場所と時間を選んで確実に視聴すれば、同一内容の教育を施すことができるのです。

例えば、実際の勤務中にタブレットやスマートフォンで教育用映像を視聴しながら、上司が部下に対してレクチャーすることもできますし、出勤前やちょっとした空き時間に教育映像を見直して、仕事の段取りの予習や復習をすることも可能です。

それに何より映像というのは、視覚や聴覚から多くの情報を取り入れることができますから、その理解も容易になるというメリットがあります。