人材育成の為の社員研修映像のポイント

少子高齢化で人手不足の今、社員研修用の映像は、優秀な人材を育成するための戦略の一つです。

ひと昔前ならパンフレットを作って、会社の事業内容や沿革、方針などを紹介していましたが、現在では動画制作が主流となっています。紙媒体での紹介は、読むのに時間がかかる、配布に手間がかかる、さほど興味がない人にアピールするのが難しい、というデメリットがありますが、社員研修映像を制作をすれば、短い時間でわかりやすく伝えることができます。動画サイトの充実によって簡単にいつでも繰り返し視聴でき、コスト面でのメリットもあります。

新入社員を目的とした社員研修用の制作の場合、ターゲットはほぼ就活を始める学生となります。スマホに慣れ親しんでいる世代なので、web動画を見慣れていて、見る目も肥えています。イメージアップを狙って、リアリティに欠けた内容になると、すぐに見透かされてしまいます。BtoBの企業の場合は、知名度も低く、事業内容についても認知度が低いことが多いので、わかりやすい説明が必須であることは言うまでもありませんが、事実を羅列するのではなくストーリー仕立てで撮影する等、その会社らしい工夫が必要となってきます。