会社の研修用の動画は便利

私が新入社員の頃、映像好きの上司が毎週新人研修の講義を行う際、会議室の前の方にカメラを設置し、講義内容を丸々と撮影し、その晩部署のHPにアップしていました。理論を理解するというよりは会社の概要をひたすら頭に入れる必要があるということで、図などは後から外部からの素材を付け足すなどをして更に分かりやすくしてくれました。毎週欠かすことなく、上司が会社研修用のビデオを制作してくれたので、何度も視聴することができ理解が深まりました。会社を休んだ場合も動画を視聴すればほとんど支障がないといった環境を作ってくれたことには感謝していました。唯一の欠点と言えば「時間を有効に使えるか」という問題ですね。会社ではよく分からなかった部分を素材を付け足すなどをして、より豊かな内容の動画を後からみることにより、会議では良く分からなかったことを後から理解することができた、なんていうことは何度もありました。動画を用いた教材や学習法は実に効果的であり、時代に逆らえないものだと思います。