リクルート映像では仕事以外の部分も入れていこう

リクルート映像に関しては、やはりその会社で働く姿をイメージさせることができるような内容にするのがポイントです。

しかし、仕事の映像ばかりを入れるというのは正しい選択ではありません。多くの求職者は自分なりに楽しく働くことができるような会社を魅力として考えているでしょう。

したがって、楽しそうな雰囲気を入れていくことも必要になりますが、そのときには仕事をしている場面だけではなくて、例えばアフター5と言えるような場面とか、昼間食事をしているような場面なども有効です。

トータルでその会社で過ごすことの状況を求職者が理解できるような中身にしていくことを考えていくと、楽しい雰囲気の部分が伝わりやすくなります。

そこで働きたいと思わせることが重要なのは分かっていると思いますけど、働きたい気持ちを芽生えさせるには、全体としてのイメージを良くすることが重要なので、リクルート映像では仕事という部分だけに囚われないようにしましょう。